┠ 青森の旨いレシピ集

どんな食べ方が好きですか?〜秋の味覚・鮭〜

    こんにちは、いくらんです◉
    10月も半ばとなり、秋も深まってきましたね!
    今月青森に行くのですが、青森はもうすっかり寒いとか…久しぶりに青森の空気に触れるのが楽しみです♪美味しいものもいっぱいいただきたいな〜( ´∀`)

    今月はテーマ「鮭」でお届けしています。


    先週は美容と健康に万能な鮭の栄養価についてでしたが、今週は鮭の美味しい食べ方についてお届けしたいと思います!

    朝食の定番といえば!

    鮭の美味しい食べ方はいろいろありますが、まずシンプルに思い浮かぶのが焼き鮭ですね!


    旅館やホテル・食卓でもよく見る朝ご飯の定番メニューです。

    焼き鮭も、切り身をそのまま焼いたものや、カマ(頭の少し下、胸びれ近くの部位)を解してお茶漬けにしたり、おにぎりの具にしたりといろいろな食べ方がありますね。
    焼いた鮭と一緒にいくらをのせると「はらこ飯」にもなります。

     

    鮭のアレンジメニュー

    鮭はあまりクセもなく食べやすい魚ですので、子供たちにもよく好まれます。

    アレンジメニューとして人気なのは、ムニエルやフライでしょうか(о´∀`о)
    バターでソテーしたムニエルや、フライにするとタルタルソースとの相性もgoodです!

    鮭の身を解して、鮭チャーハンも美味しいですね♪

    時間がない時の時短レシピで人気なのは、「ホイル焼き」です。
    鮭と一緒に野菜やきのこ、調味料ををアルミホイルに包んでオーブントースターで焼きます。チーズを乗せても美味しいです!
    魚や野菜が苦手でも食べやすいメニューなので、お子様のいる家庭でも作りやすいメニューです。

    オイスターソースやバターポン酢などで炒めても食べやすくできるので、冷蔵庫にあるお野菜と一緒に炒めると簡単に一品出来上がります。

    また、洋食にも使いやすく、クリームパスタなどにも良く見かけますね!

     

    鮭は意外と組み合わせを選ばないので、どんな料理でも使いやすいと思います(*´꒳`*)

     

    北海道の郷土料理「鮭のちゃんちゃん焼き」

    「ちゃんちゃん焼き」の由来は諸説あるようですが、「漁師飯としてお父(ちゃん)が作るから」、「ちゃちゃっと(素早く)できるから」「鮭を焼くときに鉄板がチャンチャンと音を立てるから」など、他にもいくつか語源の説があります。

    有名な料理ではありますが発祥は北海道と言われていて、石狩鍋と共に全国的に有名な郷土料理です。

    味噌で調理されていて、こちらもとても簡単・食べやすいメニューです。幼稚園や保育園の給食でも出てくることもありますね!

    参考レシピを紹介するので、ぜひおうちでも作ってみてください(*´꒳`*)

    材料目安(4人分)
    ・生秋鮭 4身
    ・塩胡椒 適量
    ・キャベツ 1/2個
    ・玉ねぎ 1個
    ・にんじん 1/3本
    ・しめじ 1パック
    ・バター 適量

    調味料
    ○味噌 大さじ7
    ○酒 大さじ4
    ○砂糖 大さじ2
    ○みりん 大さじ2

    ・作り方
    ①秋鮭は塩胡椒をしておく。キャベツざく切り・玉ねぎ細切り・にんじん短冊切り・しめじはほぐしておく。

    ②ホットプレート(またはフライパン)を熱してバターを入れ、鮭の身から焼いて焼き色がついたら皮目を焼く。

    ③②の秋鮭のまわりに①の野菜・混ぜ合わせた○の調味料を回しかけて蓋をして蒸し焼きにする。
    全体に火が通ったら秋鮭の身を崩して、野菜と混ぜ合わせる。

    手順は、分量は目安です。
    野菜と鮭を豪快に混ぜ合わせたり、砂糖を増やして甘めのちゃんちゃん味噌にしたり、それぞれお好みで楽しんでみてください!

    ちなみに…いくらんの家だけなのか?青森がそうなのか?はわかりませんが、お砂糖を入れて甘めの味噌で作っていました。

    青森は砂糖文化が根強いので、割となんでも甘めにしているものが多い気がします。

    (赤飯も甘いのが特徴( ^∀^)納豆に砂糖を入れたり、トマトに砂糖をかけたり、知っているものはこれ以外にも多々…以前気になって調べたら、砂糖が貴重だった時代に相手をもてなす意味で砂糖を使うことが多かったという説を見つけました。
    甘い砂糖文化は、青森のおもてなしの気持ちだったようです^ ^)

     

    番外編〜ちょっと変わったアレンジレシピ〜

    北海道の郷土料理「石狩鍋」をアレンジしたレシピを発見しました!

    本来石狩鍋は、鮭の身とアラと野菜を味噌で煮込む鍋ですが、少しアレンジを加えた「石狩汁」というものを見つけました( ´∀`)

    こちらは、味噌汁をアレンジしたような形なので家庭でも食べやすそうです!
    (アラが苦手な方はこちらの方が作りやすい・食べやすいかと思います☆)

    鮭の切り身と、ジャガイモ・にんじん・キャベツ・長ネギ・椎茸などを入れて味噌で味を整えた後、「バター」をプラス。

    鮭はバターと相性が良く、バターが加わることでマイルドな風味に変化します。
    バターやクリームソースと相性が良いので、和食・洋食ともアレンジしやすいのも鮭の魅力ですね!

     

    今週は鮭の美味しい食べ方をご紹介しました。
    みなさんはどの食べ方が好きですか(о´∀`о)?

    こんな食べ方も美味しいよ!というものがあれば、ぜひそちらも教えてください♪

    鮭をいろいろなアレンジで楽しみ、美味しく・楽しく・健康に秋の味覚を楽しみましょう( ´∀`)!

    ちなみに、いくらんが1番好きな食べ方は鮭のおにぎりです☆
    学生時代、おにぎりの定番具材は鮭・たらこ・明太子のルーティンでした!

    美味しい鮭のおにぎりが恋しい(*´꒳`*)
    いくらんがお届けしました◉

     

    関連記事

    PAGE TOP