┠ 青森のお魚

ニシン

    【ニシン】

    漢字表記 鰊
    ニシン目ニシン科

    ………………………………………………………………………………
    ●ニシンってどんなお魚?

    ニシンはオキアミや卵・仔稚魚を含む小魚などを食べる回遊魚で、北太平洋および北大西洋に広く分布し、一部は海と繋がった湖沼でも生息しています。

    日本付近では、春に産卵のため北海道沿岸に現れるため、別名「春告魚(はるつげうお)」とも呼ばれます。

    産卵期は春のみで水深 1m 以下の浅い海で行われます。
    メスは沈性で粘着性のある直径 1mm程度の卵を海藻に産み付け、オスが放精して受精させます。
    この際に精子によって海水が白濁する群来(くき)と呼ばれる現象が起こります。

    日本では、広く食用されている魚です。
    また、江戸時代・明治時代には鰊粕に加工され、肥料として用いられていました。

    ………………………………………………………………………………
    ●ニシンの形態

    成魚の体長は30-35cmほど、背側は青黒色、腹側は銀白色の細長い魚です。
    主にオキアミや卵・仔稚魚を含む小魚などを食べます。

    回遊魚ですが同じ海域に戻り産卵する性質があります。(産卵回遊性)
    生後数年で性成熟し産卵活動に参加しますが、産卵を行わない年もあるとされています。

    ………………………………………………………………………………
    ●漁法

    刺網漁・巻網領

    ………………………………………………………………………………
    ●ヤリイカの旬

    産卵期の春から初夏にかけてが脂が多くのり、旬とされています。

    ………………………………………………………………………………
    ●おすすめの食べ方

    ニシンは日本では、広く食用されています。

    食用としては、身を塩焼き、フライ、マリネにします。

    ニシンは加工品としても出回っており、身欠きニシンや燻製、昆布で巻いて煮締めた「こぶ巻き」などにもされています。

    卵の塩蔵品は数の子(かずのこ)と呼ばれます。

    ニシンは新鮮な物は刺身でも食べられます。

    ・ニシンそば
    京都発祥と言われている「ニシンそば」は、身欠きニシンの甘露煮を載せたかけそばで、北海道や青森でも食べられます。

    ・身欠きニシンの食べ方〜青森編〜

    青森(津軽地方)では身欠きニシンを切って、味噌をつけていただきます。
    「ばっけ味噌」というふきのとうの味噌をつけていただくことも。

    ふきのとうの苦味と、味噌の甘さ、身欠きニシンの脂がマッチしてクセになる味のようです。

    トライしてみてはいかがでしょうか( ´∀`)?

    ………………………………………………………………………………

    今週は「ニシン」をご紹介しました。
    いろいろな加工品にも使われるニシン。
    お好きな食べ方で楽しんでみてください♪

    旬の海産物を美味しくいただきながら、青森の春夏秋冬を楽しんでみてくださいね(о´∀`о)!

     

    大和海商は全国の市場に卸をしています。
    大和海商のあるむつ市は、津軽海峡・太平洋・陸奥湾の3つの海に囲まれた海産物の宝庫です。

    【むつ湾ホタテと大間のマグロ】の他、青森の美味いものを直接食卓へもお届けしています。

    ぜひ、ご家庭でも青森の「旬」をお楽しみ下さい♪

     大和海商Instagram☆

    関連記事

    PAGE TOP