┠ 青森のお魚

カワハギ

    【カワハギ】

    漢字表記 皮剥
    フグ目 カワハギ科

    ………………………………………………………………………………
    ●カワハギってどんなお魚?

    フグの仲間で、淡白でクセのない食べやすい魚です。

    日本近海では北海道から東シナ海まで分布しており、南の方が生息数が多口なっています。
    水深100m以浅の、砂底と岩礁が混じるような環境に生息しています。昼に活動していますが、夜は海藻などを口にくわえ、つかまって眠る習性があります。

    全身が丈夫でざらざらした皮膚に覆われています。
    この皮膚を剥がすことから「カワハギ」という名前になったと言われています。

    青森では「カワハギ」の呼び方がさまざまあります。
    ・テッテ
    ・チョイチョイ
    ・チュッチュ
    ・チェッチェ
    ・バクチ
    ・バグジ
    ・ギハダ
    など、さまざまな呼び名で呼ばれています。

    青森以外でも、地方独特の呼び名があるようですよ。

    ………………………………………………………………………………
    ●カワハギの形態

    全長は最大で30cmほどのお魚です。
    日本最長記録は1982年に高知県で釣れた44.3cmと言われています。体は菱形で上下に平たい形をしていて、背鰭の一部と腹びれは太く短い棘になっています。

    また、オスは背びれが糸状に細く伸びるので、メスと区別できます。
    体色は青灰色や褐色で、個体によって淡いまだら模様や黒っぽい縦縞が入ります。
    口は小さく窄んだような形をしていますが、中にはペンチのような頑丈な歯があります。

    主に小型甲殻類やゴカイ類、貝類などを捕食します。
    口が小さいので、ついばんだり、吸い込むようにして捕食します。

    水深100m以浅に多いが、時として200mの場所からも採集されます。砂底、貝殻底、岩礁域に多く生息し、幼魚は流れ藻や浮遊物につきます。

    ………………………………………………………………………………
    ●漁法

    定置網や小型底曳網、釣り、刺網など。

    ………………………………………………………………………………
    ●カワハギの旬

    年間を通して、美味しく食べることができるカワハギですが、身の旬と肝の旬があります。

    身の旬は夏頃になり、4月〜5月ごろに産卵を終えたカワハギが、体力を取り戻そうと餌をたくさん食べる6月〜8月が旬で、身体が大きくなり身に歯応えがあって美味しくなります。

    一方、肝の旬は秋冬頃になり、10月〜2月ごろとされています。

    寒さに耐えるために肝がパンパンに膨れ上がるほど、肝に脂肪分を蓄えるので濃厚で旨味が強い時期になります。

    ………………………………………………………………………………
    ●おすすめの食べ方

    ・薄造り
    新鮮なカワハギの胴の部分の皮を綺麗に剥いで、三枚に下ろします。

    三枚に下ろした身を、お好みの厚さに薄切りにして皿に盛り付ければ、薄造りの完成です。

    醤油でいただくのも美味しいですが、肝をさっと湯通ししてから細かく潰し、醤油と混ぜ合わせて肝醤油と一緒に食べることで、さらに美味しくなります。

    ・煮付け
    皮を剥いだカワハギの切り身を使用いたします。

    切り身をざるに並べ、切り身の上から70〜80度くらいのお湯をたっぷりかけ臭みを取り除きます。

    また、肝はさっと湯通ししておきます。

    次に、醤油、酒、みりん、砂糖を鍋に入れて煮立てます。

    煮立ってきたところにカワハギの切り身と生姜を入れ、落とし蓋をし、焦げないように火を調整しながら、5分ほど煮詰めます。

    肝については火が通り易いので、切り身が煮上がる直前に鍋に入れると美味しく仕上がります。

    煮詰めた切り身と肝をお皿に盛り付けて完成となります。

    ・天ぷら、唐揚げ
    天ぷらや唐揚げも人気の食べ方です。
    ほたりんの好きな食べ方も、唐揚げだそうですよ♪

    カワハギは骨せんべいにしても美味しくいただけます。
    カルシウムたっぷり!パリパリのお煎餅はお子様にも食べやすいですね!

    ………………………………………………………………………………

    今週は「カワハギ」をご紹介しました。
    クセがない淡白な身は「フグのよう」とも言われています。

    旬の海産物を美味しくいただきながら、青森の春夏秋冬を楽しんでみてくださいね(о´∀`о)!

     

    大和海商は全国の市場に卸をしています。
    大和海商のあるむつ市は、津軽海峡・太平洋・陸奥湾の3つの海に囲まれた海産物の宝庫です。

    【むつ湾ホタテと大間のマグロ】の他、青森の美味いものを直接食卓へもお届けしています。

    ぜひ、ご家庭でも青森の「旬」をお楽しみ下さい♪

     大和海商Instagram☆

    関連記事

    PAGE TOP